車の税金

自動車税がまだ残っていた場合の返金方法

よく見受けられるクエスチョンとしまして売った車の自動車税は返ってくるの?という質問がございますが、車買取ショップに車を売ったというようなケースも、無論のこと払いすぎた自動車税は還付されることになりますが、原則的に車を売り渡す際の買取金額の1つとして計算されています。

 

7月に車を売り払い8ヶ月分の自動車税の返金が受けることが出来るケースになると、8ヶ月分の還付金が買取額の中に含まれて査定されています。

 

自動車税が返ってくる場合にはある基準があるのです。

 

この詳細については廃車あるいは、抹消登録受けたケースです。

 

廃車(抹消登録)手続きがされている状態なら抹消登録の次の月から年度内の月数によって自動車税が払い戻されるのです。

 

だけれど、住民税もしくは事業税であるとか、他の地方税で納めていないような状況だと、払い戻される代金は、そっちの方に埋め合わせされ残った分だけ返ってきます。

 

買取店へ売るケースでは、多くが別の持ち主へ所有者が移り、そのまま継続して乗ることから、車検期間が余っているケースになると廃車する必要はないので通常廃車手続きはしません。

 

なんですけれども、そのようなケースでは自動車税の還付そのものが適用できないので。

 

車検の期間が過ぎているケースなどで車を売る際には、はじめに廃車手続きを行う事によって自動車税が返ってきます。

 

車の買取ショップに関しては、払い戻しされる自動車税分を売った人にプラスして査定金額を考慮し、税金の還付を買取ショップ側がもらいます。

 

車を売る手続きし、手放したタイミングで、買取ショップサイドから自動車税のことについてお話があります。

 

伝えられていなかったといったケースにおいては、どんな方法で対応したか店へコンタクトを取っておかなければなりません。

 

自動車税の還付を謳い文句にして広告を出す買取ショップもありますが、その分査定額で調整されている場合がほとんどですので、騙されないように気をつけましょう。

 

-車の税金