車の豆知識

車での一酸化炭素中毒はマフラーを塞ぐことに原因がある

自動車のアイドリングとは一定の環境が同時に起きると、モラルや排気ガス問題のみに留まらず、最悪の場合、一酸化炭素中毒となって、死に繋がる危険を伴います。

 

これといって気にもしないようなことですが、気を付けるべきが、自動車の側に積雪が存在する場合でエンジンを回し続ける行為です。

 

雪が降るような季節ではエンジンを掛けないとすると冷え込んで我慢できない可能性もありますが、積雪状態でエンジン回し続けて、一酸化炭素中毒、あるいはCO中毒を発症する可能性が想定されます。

 

これは自動車のマフラー周囲が雪で埋もれて完全にマフラーを塞いでしまった環境下で、エンジンを回すことで排気されるはずのガスが自動車内に流れ込むのです。

 

これに関しては、外気を取り込むモードでも内気を使用するモードでも変わりがないです。

 

内気モードで車内の空気を使い回しているから大丈夫で外部からの排気ガスは侵入しない具合に感じてしまいそうなのですが、車体は完全に外気を遮断しているわけではないので、多少は侵入してくるのです。

 

それに加えて、自動車内の酸素がエンジンのピストン運動時の爆発に用いられるので、自動車内の酸素が薄れて、酸素欠乏を引き起こす恐ろしさが考えられます。

 

本音を言えば、エンジンを掛けることなく辛抱すると問題ないのですが、どうしても掛けなくてはいけない状態もありますので細心の配慮をいてください。

 

積雪時は特に事故などで、足止めをくらうことも想定されますので、その場合は積雪のない安全な場所を選んで休むようにしましょう。

 

 一酸化炭素中毒の危険性

一酸化炭素中毒ってニュースなどでたまに耳にすると思いますが、状態としては、息をしても酸素が入ってこない状態になります。

 

一酸化炭素中毒と言いますと具体的にどういうふうに人体に作用すると思われますか?

 

我々は呼吸無しでは死んでしまいます。呼吸をすることによって空気中の酸素を取り込んで、そこから血液を介してカラダのいたる部分に酸素を供給しているわけです。

 

その際に酸素の運搬役に携わっているものがヘモグロビンなんです。

 

一酸化炭素を体内に取り入れると、ヘモグロビンは酸素よりも一酸化炭素を何100倍も優先して運ぼうとしてしまうのです。

 

この状態が続くと、いつも通り息をしているのに肝心な酸素を取り入れなくなってしまい、最終的には死に直結してしまいますので積雪時だけではなくマフラーを塞ぐような停車はいないようにしましょう。

-車の豆知識