車の事故関係

ひき逃げをした場合の罪

加害者が、車で人を巻き込むような事故を発生させてしまったのに、傷ついた被害を被った人を置き去りにするのは、とんでもないです。

 

アクシデントが生じた原因にかかわらず、人身事故現場より、全く対応をせず逃亡することは、現実の上では完全に見過ごせない過失で、素人同士で話し合いで解決するようなものではありません。

 

ひき逃げと聞くと、人をを轢いて何も対応をしないまま逃走することと考えている人がいますが、自動車同士の交通事故でも、むこうが傷を負わされたのに助けようともせず投げ出す場合もひき逃げになるのです。

 

ひき逃げというものは、歩行者の場合だけを指すのではなく、相手が怪我をしているのに救急車を呼ぶなどの対応をとらなかった事を意味します。

 

ひき逃げの罰について

ひき逃げにつきましては道路交通法でいう救護義務であったり、危険防止措置義務違反という形になります。

 

これらが適応されると、10年以下の懲役あるいは、100万円以下の罰金です。

 

こんな風になると話し合いは簡単ではなく殆どの場合、裁判であるに違いありません。

 

これが交通事故の人身事故である場合は、過失運転致死傷罪というものになり7年以下の懲役あるいは100万円以下の罰金です。

 

ひき逃げであれば、間違いなくこれらの2つが重複する併合の過失と考えられて、15年以下の懲役になります。

 

ひき逃げを起こしてから時効までの期間

  • 危険運転致傷罪の場合、10年
  • 危険運転致死罪の場合、20年
  • 自動車運転過失致死の場合、10年

 

ひき逃げの逮捕からの手順

こういう事故を起こした人は、交通事故現場より逃走したという理由から信用を失い、再び逃避することも考えられるため、長い間刑務所で自由を奪われる確率が高くなってしまいます。

 

それに加えて、裁判でも勝ち目がないのは言うまでもないでしょう。

 

ひき逃げという行為はどの交通犯罪のなかでも最もしてはいけない行為なのです。

 

ひき逃げに加えて他の飲酒運転などの要素がある場合は実刑判決も免れません。

-車の事故関係