中古車購入のコツ

オデッセイの中古車を安く買う方法

2017/06/15

中古自動車は新型モデルとは異なり、それぞれ走った距離や年式であったりどれもこれもコンディションがバラバラです。

 

オデッセイの中古車のみであっても台数はとても豊富にありますので、あなた自身の生活サイクルにちょうどマッチした中古自動車を見いだすことは思いの外苦労することです。

 

ですが 1件ごと車取扱店を調べていては時間と労力がかかります。

 

そうした場合に活躍するのが中古自動車のインターネット検索になります。

 

色あいや階級だったり買いたいオデッセイのイメージが大体決まったら、中古自動車検索サイトにおいてチェックしてみることをおすすめします。

買取・下取り相場を知ることができるサイト

 

値段の駆け引きをする

中古自動車を安い価格ででゲットするのに値段交渉は必要不可欠です。

 

新型車位の破格の値引きは困難だと思いますが、オデッセイの中古車の場合でも5万円位の値段交渉は可能でしょう。

 

中古車のケースでは、仕入れたコストにおいて業者サイドの儲け金額を加えて売り値を決めることから、割引してくれるのならこの業者の利益を削り取ることになるわけです。

 

という訳でお店サイドから値引いてもらえる理由はないので、自分から値引き交渉にトライしてみましょう。

 

値引き交渉の一例を挙げますと、ライバル関係にあるエスティマを交渉材料にして、エスティマにしようと思っているのですが、オデッセイもいいなと考えて見に来ましたが、今掲示されている価格ならでしたら、エスティマにしようかと考えていますみたいな感じになります。

 

失敗しなければ交渉次第でオデッセイを限界近くまで安くすることが可能です。

 

失敗したら次のお店という気構えでグイグイ行かないと限界まで安くすることはできないので根気が必要です。

 

成果が出ないことも想定できますが、うまく行かなかった時は違う系列のホンダディーラーで成功するまで頑張りましょう。

状態の良い中古車を選ぶコツ

 

安くしてもらえる時期的な要素

新年度やボーナス時期については車がちょこちょこ売れて需要期になるのであまり値引きは見込まれません。

 

一方、お出かけなどで支払いが増加するゴールデンウィークやお盆あたりは中古車を購入されるお客さんが多くないせいで交渉次第では値引きしてくれる傾向にあります。

 

車を売却するのに1番いい時期はいつ頃?

 

またハイブリッド車もガソリン車と割り引き率に大差はないので、ハイブリッド車は値下げ幅が少ないということでもありません。

 

 下取りの車を利用する

下取りに出す所有車を保持しているのだとしたら、この下取り車をいくらかでも高く売り払うということが、その分だけオデッセイが安く購入出来る事に繋がります。

 

だけれどディーラー査定だけを頼ってしまうとそこにつけこまれます。

 

値引き交渉も終盤になってくるとこの見積よりも値引きするのは限界なので、下取り車を利用して更にお得にしますという風に話を持ちかけてくることが大概です。

 

カーディーラーの下取り交渉に上手くのせられないために、少しでも得するには、1回1店舗だけでも違う買取業者の査定額を調べておきましょう。

 

このやり方なら買取業者のおおかたの平均価格を知ることができるので、そういったことをベースにカーディーラーでの査定額が妥当なのか否かの価値判断ができます。

下取りよりも買取専門店で売るメリットとは

 

営業マンの役職を選ぶ

これはオデッセイに関わらずですが、値引き価格につきましてはスタッフの役職に付随して差が出てくるものです。

 

新人従業員になってくると知識もないので限界値引き幅なんてわからないでしょうから、それだけオデッセイの値引き価格は減少しますので役職がある営業マンが望ましいでしょう。

 

これを利用して、担当してくれる役職で判断するのもひとつの手段になります。

 

オプション値引き

セールスマンもビジネスなわけで、甘い言葉を弄して要らない付属品を装備させようと頑張ってきます。

 

車体額とオプション額をごちゃまぜにして更に、下取りの価格交渉をしてしまうと不慣れなこちら側は相手のペースに持ち込まれかねません。

 

オプション付けたらそれ相応に値引きを検討します等と気付いたら要らないオプションまで装備されて後で後悔します。

 

というわけで、価格交渉は段階を踏んで、本体価格→オプション→下取りというように順番に処理していったほうが、冷静に対処できます。

-中古車購入のコツ