車買取時のトラブル事例

車の契約を解約できない

ものを取引する売買成約というものは、正当な契約を完了したのかそうでないのかに捉われず、両者がが契約用件に納得したタイミングで完結します。

 

それ以降はどちらかが強制的に契約を変更不可能と思ってしまいがちです。

 

ですが民法のルールに納車直前までの取り消しというものは可能なことなのです。

 

キャンセルすることになった事情に関係なくこの法律は適用されます。

 

正直に金銭的な事情でも構いませんし、違う店で購入したくなったなどなんでも構いません。

 

販売業者サイドからすればかなり迷惑な話ですが、大きな買い物なのでそうも言ってられないこともあるでしょう。

 

ただしオーダーメイド車のケースでは、購入注文すると解消が困難なことも想定されます。

 

かなり特殊なケースですが100%解約可能というわけではありませんのでご了承ください。

 

とは言っても、書類に印鑑までしたのに簡単に取り消しされるのは、店サイドとのトラブルにもなりかねません。

 

取り消しする予定なら、違約料金、または、キャンセル料金をとられることも想定しておきましょう。

 

今すぐに車の購入を考えていることがあったとしても、身内にアドバイスを求めて冷静に考えましょう。

 

見積もりをもらって日を改めることで衝動買いも未然に防げます。

-車買取時のトラブル事例