車の豆知識

純正ナビと後付け社外ナビを比較

カーナビって製造元のオプション品、それに販売店のオプション品だったり純正ナビゲーション以外に、カー用品店舗とかで市場に出回っているカーナビも存在しますから、仮にカーナビを設置するとなれば、一体どういったやり方でピックアップしたら妥当か、とまどうかもしれません。

 

各々のポイントあるいはメリットや、デメリットに関しましてわかりやすく説明していきましょう。

 

純正カーナビゲーションのメリット

原理・原則保証が3年になっていますので、家庭電化製品なんかに比較をしたらスパンが長くなります。

 

車検をやってもらうタイミングで保証の延長サービスで、最大で7年間引き伸ばせたりもできます。

 

クルマの室内装飾にだって考えられていますのでぴったり収まります。見た目を重視する人にはおすすめです。

 

外観、それにユーザビリティーいずれも、製造元のナビゲーションには素晴らしいところが挙げられます。

 

またバックモニターとしての機能も優秀ですし、純正ナビは盗難に遭う確率が低いと言われています。

 

他にも、システムのアップデートやマップ更新が無料だったりします。

 

不具合や困ったことがありましたら最終的にはカーディーラーにいきますと対応してもらえます。

 

機械にうとい方でも 使用方法をレクチャーしていくれるから良心的です。

 

純正カーナビゲーションのデメリット

スペックで対比させてみると、使い勝手やサウンド機能なんかは、スペックが低い場合があります。

 

ドライブ中においてはテレビ番組が見れない設定になっていることもあります。

 

車を乗り換えてナビを使いまわしたい場合は困難な場合も見受けられます。また、種類も多くないので自分にあったナビがあるかという不安もあります。

 

等しいスペックのカーナビゲーションだけれど社外製品と照らし合わせると、純正ナビは値段が割高な傾向があります。

 

社外ナビゲーションのメリット

スペックが等しい商品でも純正ナビと社外ナビを対比させてみると、社外ナビの方が値段が安くなる場合がほとんどです。

 

今では、純正ナビのと比較したらスペックが高くて安い社外ナビはどんどん市販されていて、自分にあったナビが見つかります。

 

音楽用とナビ用といった形で、独立した状態で使用したい人などにもおすすめです。

 

設置方法を知っていれば更に安く取り付けることも可能です。

 

社外ナビゲーションのデメリット

保証に関しましては純正ナビよりも劣ることが多いです。大体一年保証だったりします。

 

設置の際の技術料も純正ナビだと無料であることが多いですが、社外ナビの場合は設置費用も発生します。

 

高価なナビの場合は、盗難対策のために盗難保険を検討する必要もあります。

 

お気に入りの性能のナビがあっても、インテリアに合わないなどの問題もあります。

-車の豆知識