車の豆知識

スペアタイヤがない車が増えている

いまどきの新車種だとスペアタイヤが標準装備されていないことが増えています。

 

予備のタイヤがない車が多くなっているようですが、いざパンクした時はどうしたらいいのでしょうか?

 

緊急時のことを考えると少し不安ですが、こんな感じで問題ないというのでしょうか?

 

スペアタイヤを搭載して無い車の安全性に関してですが、この場合は安全性と説明するよりパンクした時の対応はどうしたらいいのかです。

 

製造会社というのは必須経費を節約して、燃費向上目的としてボディは軽量化したいでしょうし、収納場所だって押さえたいでしょうね。

 

ぶっちゃけて言えばタイヤの交替もした経験がないドライバーの人も少なくないというのが現状なので載せるだけの荷物になりかねないのです。

 

また、ロードサービスで対応してもらえる方なんかは必要ないでしょう。

 

法律的にもスペアタイヤを載せていなくても問題ないのです。

 

実際にパンク修理中に車にひかれる人身事故も存在しますようですので、最初からロードサービスやJAFに頼るのが賢い選択なのかもしれません。

 

ちなみにJAFの場合はその場でパンク修理してくれます。これはあくまで応急処置なので、その後、新しいタイヤに交換などが必要です。

 

運転中にタイヤに異変を感じたらそのまま乗り続けることは大変危険な行為です。

 

小さな空気漏れでまだ走行できると思っていても、最悪の場合、タイヤが破裂(バースト)して操作不能になることもありますので安全な場所に停車して助けを呼びましょう。

-車の豆知識