車の事故関係

会社の車で事故した場合

色んな事例が考えられますが、どっちにしたって社員当人はもとより企業の責任だって起こり得るというポイントに留意し無ければならないのです。

社用自動車で仕事中に交通事故のケース

勿論、企業側が賠償支払いをすることになり、カバーすることが必要です。

 

所有車で仕事中に交通事故のケース

企業が仕事中による所有車利用を了承して認めていた状態なら、企業はこの車を用いて業務していたわけですので、現実は社用車と位置付けてあった場合と総じて大差はないケースであります。

 

企業の使用者責任並びに、運行供用者責任が人身事故の場合は受け入れられる可能性があります。

 

所有車の交通事故というものについては、雇用者が所有車に事故をまかないるくらいの損害保険または任意保険に加入できていれば会社が補償金を払うことは不必要です。

 

とは言え、保険に入っていないパターンか自身で保証しきれないケースでは、企業が賠償金を出さなくてはいけない確率が大きくなるでしょう。

 

社員の身内が、休みの日に社用車で交通事故のケース

この場合企業に賠償金の支払いの責務についてはあるのだろうか。

 

上記でも述べました通り、仕事中の交通事故だとすれば、企業は社員の監督責任(使用者責任)を求められるのです。

 

また、当てはまる交通事故での人的被害に於きましては、「自動車損害賠償保障の法第3条」に定義する「運行供用者責任」までもが問われるでしょう。

 

このような内容のシーンである場合は企業に責務は無いと想像する方も大勢いることでしょう。

 

けれども時と場合によっては会社が責任を背負う恐れがあるでしょう。

 

そこの所、この場合には労働中のアクシデントじゃないとされているところは明瞭です。

 

元を正せば交通事故本人の社員の身内と企業につきましてはダイレクトにはつながりなどないから、補償金要望されてもどうかと思うでしょう。

 

ですが、過去のケースだと、社用車を使用している限り責任は会社側にあるというのが一般的なようです。

 

なので会社側はそういった場合も含めて対応を考えなくてはなりません。

-車の事故関係