中古車の買取相場

車を高く売れる地域

2017/06/15

自動車の査定というものは地域や天候が異なれば査定額にも違いがあるのでしょうか?

 

やっぱり物価の高い都市部で自動車を買いとってもらった方が高い値段で査定してもらえる印象がありますが、これについては真実なのでしょうか?

 

気候での地域差と査定額の差

一つの例として、雪国などということはRV・SUVなど4WD車ウケが揺るぎないでしょうけれど、都市部だとすれば燃費が高いエコな車が売れ筋です。

 

そういう理由で、価格帯が変わらない車である場合にもエリアに影響されて、査定額はバラバラになってきます。

 

その地域に強い買取業者は、その周辺で売るのでニーズがある自動車でしたら、高い金額をつけてくれることもありえますが、そのエリアでニーズの無い車につきましてはさほど高値で売れないでしょう。

 

その一方で、全国の至る所に見られる買取業者だったら、売るエリアで人気ののない自動車だって、それ以外のエリアだと人気があるようなら、高く売ることができる確率が高いです。

 

エリアに起因する天候の差異は、車の売る金額にも反映される代表的なファクターです。

 

需給関係で決まってくる査定額

中古自動車の売り値が決定される背景として、数え切れないほどの関連が存在しますけれど、簡単に言ってしまうと詰まるところ、需給関係の兼ね合いによって価格が確定されるわけです。

 

シンプルに必要としている人がたくさんいる地域につきましては、査定額がアップする確率が高いようです。

 

需要があるということは、少々高値をつけても売れますし、他店との在庫争奪戦も理由の一つでしょう。

 

また車の大きさで駐車スペースに違いが出てくるみたいに、駐車料なんかも相違しています。

 

売り手は気にもしないでしょうが、駐車場の利用料も、査定に直接影響を与えることはないでしょうが、理由の一つになりえます。

 

結論を言いますと、地域差による査定額の違いを意識してもどうにもできないというのが本音です。

 

なぜなら自分の所有車を労力をかけて都内の業者へ運び込んで売ろうと考えても時間がかかりますし、ガソリン代などのコストを計算に加えると結局変わらないことが多いです。

 

査定に家まで来て見積もりしてくれてレッカー代も無料なら話は別ですが、なかなか都合よくないものです。

 

車を高く売るためには、地域の差を狙うのではなく、業者が得意とする分野の車種を扱っている専門業者に売るのが良いでしょう。

 

外車に強い業者、SUVに強い業者、事故車に強い業者など業者によって得意分野も異なりますので、自分の車にあった業者で売るのが賢い選択です。

プラス査定になるポイントを把握して買取額アップ

査定士がチェックするポイントとは

 

-中古車の買取相場