高く売るコツ

車から雨漏りした場合

自動車での雨漏りであったり、水漏れに関しましては滅多にないと勘違いされがちではありますけれど、思いのほかしばしば見られる問題に含まれるものす。

 

例えば、あるメーカーの車で雨漏りしやすいというケースがちょくちょく見られます。

 

もちろんモデルにも左右されてシステム的に雨漏りしやすかったりすることもあるというわけです。

 

雨漏りが起きる理由は沢山ありますけども、ゴム部品の劣化が元となる水もれがとりわけ多いと言えます。

 

雨漏りの原因がはっきりしていない場合は、とりあえずドライブ中に水漏れするのか停止状態でも水漏れするのかについてチェックして把握しましょう。

 

ドライブ中の雨漏りの場合

エンジンルームと車内はけっこうな数の配線が通っております。この辺は完全にゴム製の詰め物であったりグロメットによって水が浸入しないように閉じられてるのですが何年も過ぎると自然に劣化して本来の機能を果たせなくなってきます。

 

停止時の雨漏りの場合

停止時でも雨漏りする原因でいちばんメジャーなのは、ウエザーストリップの経年劣化ではないでしょうか。

 

ウエザーストリップって何かわからない方も多いはずです。ウエザーストリップという物は、自動車のドア淵の周囲に付帯されてありますゴムでできた部品のことを指します。

 

これが車のボディとドアの隙間を埋めて雨が入るのを抑止してるのです。ゴムで出来ているので、昔の車であったり、太陽光に含まれる紫外線のダメージで隙間が生じます。

 

劣化でカチカチに変化してゴムが浮いてしまいますとそれも雨漏りの原因になります。

 

その他ゴムパッキン類の劣化について

フロント部分、テール部分のガラスを止めているパッキンや外装のつなぎ目部分に於いてもゴムの材質ですので、月日が経つとゴムパッキンのダメージ部から水が染み込んできます。

 

また、サンルーフやトランクルームも浸水する事例はあります。

 

他にも修復歴ありや事故車の車両はボディの小さな亀裂などから侵入してしまうことも考えられます。 車の内部など目に見えない部分が壊れているとなかなか気づかないでしょう。

 

この場合、最初の頃は異常がなくとも、傷のある部分が錆びて浸水に結び付く確率が高いです。

 

安く修理できるなら補修して継続して乗るというのもアリですが売却して乗り替えするのがかえって安く済むケースがあります。

 

不用意に一般人が修理すると危険ですし、手放すときの査定額に響く可能性があります。保障がある場合は購入された業者に確認してみましょう。

-高く売るコツ