高く売るコツ

車内のヤニ汚れ取り

2017/06/15

非喫煙者を乗車させる際には、タバコの灰の汚れやタバコ独特な臭いが心配だと思います。

 

タバコによってついた着色汚れがところどころに残っている状態でやめてしまってはいけないので、たくさん掃除の仕方がありますがひどい着色汚れになってくると自分では落とすことが難しいのでこまめに掃除された方が良いでしょう。

 

自動車内の着色汚れにむいている洗剤として布用シートクリーナーがありますが、 初期の汚れだと油汚れに強い中性洗剤を使用するといいかと思います。

→タバコの臭いや焦げ跡は査定にどれだけ影響があるのか?

→査定士がチェックするポイントとは

 

 自動車の中の天井の基本的な掃除の手順

中性洗剤を利用した掃除方法の手順を紹介したいと思います。最初に、中性洗剤、ぬるま湯(人肌より少し温かい程度)、雑巾、霧吹きスプレーの容器、使用しなくなった柔らかめの歯ブラシを準備してください。

 

まず初めに中性洗剤を霧吹きスプレーのボトルにいれ、中性洗剤の10倍のぬるま湯を入れ中性洗剤を薄めます。もし、汚れが落ちなかったら5倍のぬるま湯で薄めて見てください。天井の色が落ちてしまう事があるのでひと目のつかないところで1度使用してみてから使ってみてください。

 

次に、その薄めた中性洗剤を汚れ部分に霧吹きで吹きかけます。汚れを浮かせるため4~5分おいてから拭き取りましょう。待っている間に、雑巾をぬるま湯に浸けて固く絞っておきましょう。

 

この時に固く絞れていない場合洗剤が泡立ってしまいます。最後に汚れ部分を拭き取ります。拭き取りをする際は、力加減に気をけないと天井部分の繊維が傷ついてしまうのできをつけましょう。

 

このときまだ汚れが気になる部分がある場合は、5倍希釈の洗剤を使用し手順としては汚れ部分に、霧吹きで吹きかけた後歯ブラシで軽くこすり固く絞った雑巾で優しく拭き取ってみてください。

 

汚れ部分だけ掃除すると掃除してないところだけが目についてしまうので掃除される時は全体的にされることをオススメします。

 

掃除終了後は、車の窓を開けておくなどして天井部分を乾かしたら終了です。

 

今回中性洗剤を使用した方法を紹介しましたが、中性洗剤は着色汚れにはよく落ちるので天井以外にも着色汚れの気になる所に試してみてください。ただし強固な着色よごれには効かないのでこまめに掃除されることが大切です。

 

-高く売るコツ