車の豆知識

狭い道に向いている車と狭い道でのすれ違う時のポイント

2017/06/15

車を決めるといった場合、色々な事由によってコンパクトな車両でなければいけない人も少なくないに違いない。

 

分かりやすく言うと、パーキングエリアの大きさ、寸法、横幅、高さないしはパーキングエリア迄の道路が細いケースです。

 

そんな時は車両の横幅が小さい車がなにかと助かります。 狭い道路もストレスなく、小回りがきくので 購入者にすれば有難いことですよね。

 

こういったアドバンテージがありますので、 車両幅が狭い軽自動車あるいはコンパクトカーを選択する購入者だって少なくはないといえるでしょう。

 

車幅が最もコンパクトなのは、なんといっても軽自動車を想像しますが、 車幅がコンパクトな普通車も 存在しますので選択肢は軽自動車だけではないのです。

 

コンパクトカーが選ばれる理由

軽自動車とかコンパクトカーという様な横幅がタイトな車両がユーザーにセレクトされる背景にあるのは、なんといっても簡便性だと考えられます。

 

大型車両にはない圧倒的な小回りと運転のしやすさや、 車庫入れすることが簡単だという手軽さとか、利用者からしたら欠かす事が出来ない指標だったりします。

 

細い道路ですれ違うときの注視すべき点

まずは、道幅と自分の車そして、対向車の大きさを把握することが重要になります。細い道を運転されているケースではいつだって道路幅を意識して下さい。

 

対向車が近づいてから道路の広さに気を配るとオロオロしてしまいがちです。マイカーと道路レンジに対しての配分を常に意識しておきましょう。意識する事で対向車がすれ違う際、どこですれ違えばいいのかなどポイントが把握できるようになります。

 

どうしても苦手な人は、左サイドに寄せつつすれ違いポイントを探しましょう徐行しながら走るといいかもしれません。

 

対向車を見つけたならスピーディーに左サイドに車両を寄せられる空間を探して下さい。

 

道路レンジというのは極端に狭い場所もありますし、電柱の間等によって大きくなっている箇所があるわけです。

 

自信が持てない状態なら強引に進むのはよして直ぐに左サイドに避けて停車させるようにしましょう。

 

マージンがきちんと確認できれば対向車側から進んでくれます。万が一にも、すれ違うゆとりが無いケースではいずれかの車両がうしろにバックしてでも空きスペースを作ることも大切です。

 

極端に狭い道路であれば家から人が急に出てきたりすることも予測して十分なスペースと適切な速度で最徐行で運転することを意識しましょう。

状態の良い中古車を選ぶコツ

-車の豆知識