メンテナンス

バッテリーの交換方法と交換相場

クルマのバッテリー寿命は、およそ2から3年が限度と言われています。バッテリー交換と聞くと何だか難しくて危険なイメージですが、やり方をしっかり守ってやれば誰でもできます。

 

バッテリーの交換方法

バッテリーの取り換えは容易に出来ますが、バッテリー液に希硫酸が入っているので、バッテリー液が目に入ってしまうと失明の恐れがありますし、感電する可能性もあるので気を付けて下さい。

 

次に挙げる物があるとより安全でスムーズに交換ができます。

 

  • ゴム手袋
  • スパナ
  • 防護メガネ

 

運転した後のときには、必ず1時間エンジンを切って電気関係を全て消した状態で、バッテリー内のガスが無くなるまで置いておきます。

 

この作業で1番してしまう可能性の高い失敗は、マイナス側とプラス側の接触ですので、この2つを近くに置かないようにしてください。

 

  1. ショートしないように、絶対条件としてマイナスターミナルを基点として最初に外してください。
  2. 次にプラスターミナルを外してください。
  3. ターミナルが取れたら、バッテリー本体に付いているステー関係を取りましょう。
  4. 新しいバッテリーをセットしましょう。
  5. 固定されていたステー関係を外す前の状態に戻しましょう。
  6. あとは、プラス端子をコネクトして、次にマイナス端子の順序で付けていきます。

 

接続の際には取り外し工程と反対の作業になります。絶対にプラスターミナルから取り付けてください。

 

接続中にマイナスターミナルがバッテリーのプラス周囲に触れると危ないので慎重にしましょう。

 

クルマの車体というのはバッテリーのマイナスと連結しています。つまり、車体にアース接続しているのです。これをボディーアースといいます。

 

万が一作業フローを間違えてプラスサイドを外すと、ショートの危険性があります。ショートしたら、バッテリー、コンピューター関係の故障も考えられますし、クルマが燃えるという事例もあります。

 

上記のようなリスクがあるので、初めてバッテリー交換に挑戦する人は慎重に、取り換えの工程を間違えないようにしましょう。

 

交換できない人はディーラー、整備工場にお願いして交換しましょう。バッテリーの廃棄処分は、一般的にはタダでお願いできます。自分で交換する場合は廃棄の事も頭に入れておきましょう。

 

お店での交換相場

ちなみに、クルマバッテリー交換の平均価格に関しましては、交換代とバッテリー代を合計して1万から3万円にかけてが相場です。

 

工賃は数千円程度ですが、バッテリー自体の値段がそこそこするのでどうしても高くなってしまいます。

-メンテナンス