個人売買

中古車の個人売買のリスクと「メリット」「デメリット」について

2017/06/15

このところ競売だったり、誰でもウェブサイトで出品して購入して貰える状況になっていますが、中でも気になるのが中古自動車を個人的にオークションで簡単に取引することだって出来るようになっていることです。

 

ここではオークションでの個人売却に関してのプラス要素とマイナス要素をおのおので記述しましたからよかったら、判断基準としてご覧下さい。

 

 個人売買のメリット

 

コツさえ掴めば満足できる金額で売ることが出来る

オークションなど、個人売買によるこれ以上ない素晴らしいところは高額で売れるという事につきます。

 

カーディーラーまたは、買取専業店だと、中古車オークションにかかる出品費用、維持コストといったトータルコストが引かれます。

 

一方、個人での売買では自分が全てするのでそういう類のトータルコストが全然必要ないので、安く販売して買ってもらいやすくすることも可能ですし、コストがかからない分高く売ることも可能です。

 

また購買者はカーディーラーで買うなんかよりも割安で買うことができるのも個人売買だからこそ可能な点です。

 

その他メリットとして、個人売買での取引には消費税が掛かりませんので、競り落とした方は、車販売業者を通して買う のと比較したら消費税8%得しますし、出品者も消費税かからないのでこれも個人売買の魅力の一つでしょう。

 

大手オクークションを例に挙げますと、出品者に掛かるコストは、オークション利用費、運搬代金、取扱手数料程度になります。

 

滅多にない希少車なら高い値段で取引出来る

マニアック車、改造車、ヴィンテージ車、ユニーク車といったものは業者には売りづらいですが、探している人は必ずいるものです。がっちり条件が合えば市場相場よりも高値で取引できるでしょう。

 

個人売買のデメリット

 

分割返済することが難しい

特性上、買い手サイドはまとまったお金がないと、利用することが難しいです。また、悪どい交渉相手にあたってしまったらトラブルの恐れもあるでしょう。

 

実は個人取引でのトラブルは後を絶たないというのが現実です。お金を振り込んだのに車が来ないことや、事故車だったという事例もあります。

 

書類の手続きをしないといけない

通常の場合は、名義変更手続きであったり、車庫証などといったものは、買取業者が代わりに行ってもらえますが、個人売買に関しては自らが行なわねばダメなのです。

 

返品も原則不可能ですし、車の不具合があった場合の対応をどうするかなど、不安要素はたくさんあります。

 

近頃では、個人売買だったとしても契約書を用意してやっている人が多いですが、悪質な出品者、クレーマーはまだまだいますので、個人売買を利用するならリスクは覚悟しておきましょう。

車買取専門店とオークション代行業者どちらが良いのか?

-個人売買