新車購入のコツ

安全性と燃費の向上

自動車は現代では毎日の暮らしにおいて無くてはならない交通手段となって、今では事故防止機能や燃費パフォーマンス、環境性能の優秀な自動車が増えています。

 

安全性に関しましては、運転席と助手席のエアバックや横滑りが見られた際に車の方向修正する機能というのは、小型自動車と普通車の全面的に標準実装されて最初から組み込まれています。

 

軽自動車に関しても昨今では標準装備されている場合が多いです。

 

現在流行しているのが衝突回避システムです。障害物を検知し危険が近づくと運転手にアラートで知らせたり、衝突を回避できないケースでは、勝手にブレーキを機能させる安全装置も基本的にどの車種でも付いています。

 

最近の車は燃費が良い

燃費もかなりアップしていて、コンパクト車両に焦点を当てると、燃費統計からしても、10年前と照らし合わせてガソリン代を30から50%は節約可能になっていると考えられます。

 

ガソリンの価格は高騰していますが、それを考慮してもお釣りがくるくらい、現代の車は進化しているということでしょう。

 

機能は向上しているのに値段が変わらない理由

それにも関わらず、軽自動車又は、コンパクトカーやミニバンというような使い勝手のいいトレンドモデルは、販売価格を、全然値上げ行なっていないのです。

 

ライバル社との競争率が高いことが理由となり、価格を上げることができない状態になっています。

 

なので、機能面や燃費が改良された今の自動車は従来と比較をするとリーズナブルだと言えるかもしれません。

 

軽自動車の人気が衰えない

ここ何年かの需要の動向としては、コンパクトな自動車に乗り換えする車オーナーさんが多くなってきました。

 

際立って好業績であるのは軽自動車となっています。

 

軽自動車税の税率アップで販売台数がダウンしたと見られているニュースも存在するのですが、とは言っても新車総売り上げに占めるパーセンテージは4割近くに及びます。

 

2~3年前は40割をオーバーしていたようです。他には小型自動車や普通自動車だったら車体の小柄な1,000から1,500ccエンジンの小さめなモデルが好調です。ここ最近では、小さな車のセールス割合が増大したのです。

 

車両の販売価格は軽自動車だったとしても100万円はするものですので、新車が欲しくても、神経質になるは勿論の事かもしれません。タイミングをみて焦らずに自分の条件に合う自動車を入手するという意識で賢明だと思います。

-新車購入のコツ