車の豆知識

査定拒否や買取り拒否される車について

2017/06/17

車齢がとんでもないほど高年齢であるとか、極めてニーズがない、売ることが困難だと判断された場合は、仕方ないのですが、所有車に価値がないと判断され、取引出来ないとなってしまうことは実際に起こる可能性があります。

 

自然災害車や水没車といったケースだと、状態にもよりますが、査定額0円で処分費用を払わなくて済むことはあります。

 

ですが、盗難車両や違法改造車のケース、ニコイチ車両もしくは、非合法的な改ざん、改造を行なってある違法車両は買取を拒否されるでしょう。

 

違法改造車のいちばん決定的なネックとして、車の剛性や安全性に、不確かな部分がありますので、ニコイチということが明らかになった際には、当然、買取店に嫌がられます。

 

これ以外に事故車や過走行車に関しても、査定をしても値段がつかないか、またはマーケット価格と比べて相当低額で売り渡す結果に至ることがあるでしょう。

事故車や動かない車が売れる可能性

車走行距離が10万キロオーバーだと価値がない?

 

車の保存状態以外の条件で売れないパターン

 

あくまでも、車を売ることができる人は検証に表記されている車のオーナーつまり、名義人だけです。貸し付けがまだあっても名義が貸し付け業者であるのなら、支障なく売却出来るのですが第三者の所有している自動車を黙って売るのは基本的に不可能です。というか犯罪です。

 

例外として、車の持ち主が他界して売りたいときは、売ることも可能です。この場合は相続する代表者を1人決めることになります。個人的にすると手続きも複雑で必要な書類が多くなります。 また、名義変更に不可欠の書類全てが無い車両もダメです。

死亡した所有者の車を売る場合

-車の豆知識