車の豆知識

車買取金額の支払いは現金?振込?

愛車を売り渡した後の代金受け取りは、現金じゃなく、あとから、銀行振り込みで入金されるのが一般的だろうか?

 

ここしばらくは、車を売却して2~4日営業後に銀行に入金される、または郵便振込というのが多く見られます。遅くても1週間かからずに入金とという感じの割合が高いようです。

 

なぜ振込までに時間が掛かるのか?

 

車を査定してもらうと、その時にあなたの車の売却額を査定士が決めますが、鑑定が終わってからもあなたの車を詳しくチェックします。

 

あってはならないことですが、目利きの時の漏れや不正車両と発覚したケースでは、見積もり価格の減額や契約破棄などが想定されます。

 

支払ってしまったあとで問題が見つかっては、後々面倒なのでこうした形がとられています。

 

即日で現金買取してもらえるのか?

 

急にまとまったお金が必要になったり、思わぬ形で借金ができて現金が必要不可欠だというときだと特別気がかりですよね。

 

一昔前までは車を売却したお金は、キャッシュで受けることができるのが当たり前でしたが、現金受け取りの場合は買取店も査定間違いがあったりしては大損になってしまうので、振込という形が定着してきています。

 

バイクの買取専門店となると、ほとんどの買取店が契約を締結したその時にキャッシュでうけとれるようです。 一方、車の買取の場合は、買取額が大金になることも少なくなく、振込がほとんどで、大金を持ち歩くのは防犯上良くないということも銀行振込化の原因でしょう。

 

なので、即日で現金で買取という条件の買取店は想像以上に乏しいというのが今の状況です。ですが交渉することにより現金で支払いに応じてくれる業者もないことはないですが、買取金額が少なかったり、条件は不利になることが多いようです。

 

買取額の一部を現金で何パーセントか支払う業者もあるので、ぜったいに現金化しないと困るのなら、買取金額をちょっと妥協する覚悟が必要でしょう。

 

お金の支払いが早い買取店がいいという人も、お店によって方針が異なるので、ハナから電話で条件を問い合わせるというのが確実な方法です。

-車の豆知識