車の豆知識

同じ時間に買取業者を呼んでいいのか?

2017/06/17

自宅まで査定をお願いするとき、同一の日時を指定して、買取業者に来てもらっていいのか?気になるところです。

 

同じ時間に幾つかの会社に査定に足を運んでもらうとなんだか申し訳ないような気もしますが、皆さん普通にされていることです。

 

車査定時にはさまざまな部位を査定士さんが鑑定します。1回の査定で30分から1時間は見積もっておいたほうが良いでしょう。

査定士がチェックするポイントとは

 

過走行車、改造車など何かしら問題を抱えている車に関しましては厳しくチェックが入ることが予想されるので、長引く可能性があります。

 

1つの買取業者につき、1時間だったとしても複数業者に査定を依頼するとかなりの時間を要します。 忙しい人はそんなに時間をとれませんよね。そういった理由からいろいろな業者を集めて同時に査定してもらう人が多いのです。

 

幾つかの会社にまとめて買取評価してもらうのは、時間の節約になるだけではなく、高額で買取ってもらうためのテクニックでもあるのです。

 

複数業者を呼んで高額査定してもらうポイント

 

いくつもの買取業者に来てもらうと、お互いライバル関係なので業者間でバトルが始まります。いずれの買取業者も出張査定までして手ぶらで帰りたくはないので、契約してもらおうと高い値段を付けようとしてくれる確率が高いのです。

 

同時に査定を依頼するのでしたら、先に業者に複数業者で同時に同じ時間帯で査定したいのですがよろしいですか?と断りを入れておきましょう。大抵の場合は、どの業者もOKを出してもらえるでしょう。

 

複数の業者に査定してもらうことには他にもメリットがあって、押しが強い業者対策にも効果的なのです。1対1だとゴリゴリ押されて少し納得のいかない買取額でも承諾してしまう押しに弱い人もいるでしょう。

 

そういった人は、1対1という環境を作るとどうしても相手もプロなので業者のいいように言いくるめられる可能性がありますので、複数の業者に競わせることで優位に事を進められるでしょう。

 

また、その場でオークションみたいに値段をつり上げてもいいのですが、オークション形式にしてしまうと、絶対に最終的に高値を付けてくれた業者に買取ってもらわないといけない流れになってしまいますよね?

 

売るかどうかの最終的な判断を後で決めたい場合は、紙に買取額を書いてもらって業者の方が帰った後に開票して1番高い値段を付けてくれた所に連絡しますという形にすれば、こういった問題を回避することができます。

 

ただ、後から開票して連絡する形にすると、オークション形式よりも買取額の期待値は低くなることが予想されるので、自身の良いと思われる方法で試しましょう。

プラス査定になるポイントを把握して買取額アップ

中古車査定の基準となるクラスには特C・特B・特A・Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・軽がある

-車の豆知識