車の豆知識

車査定の買取額の有効期限はいつまで?

2017/06/15

例えば車を買取店に売ろうと思って、いくつかの業者に査定依頼して愛車の見積価格を出してもらったとしても、あなたが納得できる査定額を満たしていなかったので、車を買取ってもらうべきか諦めて乗り潰すか悩んでいるとします。

ディーラーの「下取り」買取専門店の「買取り」どっちがお得?メリット・デメリット

 

有効期限ってどれくらい?

 

所有車を買い取ってもらう立場なら、なるべく高い査定をしてもらいたいので、、査定金額を見せてもらったら、ほかの買取店の査定金額も気になるでしょうから、別の買取店を回って買取値段ができるだけ高い所にお願いしたいですよね。

 

そうは言っても、現実は甘くありません、査定金額の適用期間に関しては、どの買取業者もほぼ100%の査定額が反映されるのは「その日の限り」というのが現状です。最近では、リアルタイムで車両の大まかな価値を算出するシステムを導入している場合もありますので、数時間単位で査定額が移り変わる買取店も見受けられます。

 

買取店の常套手段ですが、例えば車をA社に見積もって貰って、次の日にB社、C社にも依頼して査定してもらったとします。一社目に査定してもらったA社が最もいい値段を付けてくれたので、A社以外のB社、C社のお話をお断りして、再びA社を訪れたのですが、昨日の査定額は無効ですが、この金額でなら買取できますと、安く買い取られる思いがけないトラブルも否定できません。

 

こういったことを回避するには大手業者を利用するといいです。大手業者では必ず査定してもらうと査定士から、査定証明書といった紙を渡されます。これがあると査定額の有効性を証明できます。

 

買取価格の有効期限は査定証明に書かれている期間内に限ります。中古車市場の相場変動は激しいので、原則として、短くて当日、長くて2週間ぐらいの有効期限と思って間違いないでしょう。

 

何で長期間保証の買取業者が存在しないのかといいますと。 査定金額に適用期間がないと、日々変動するオークション市場のへ対応できなくなる可能性が考えられるからです。

 

買取業者は出来る限り査定相場とオークション相場の価格をすくなくしたいのです。なので短期保証しか受け付けないのです。

中古車の相場には3種類の相場がある

 

1ヶ月過ぎた査定額はもうアテになりませんので、十中八九無効になります。 例外ですが人気に火が付いたり、限定的な車種ではありますが、前回よりも査定額がアップすることも十分にありえるでしょう。

 

過去の査定から一定レベルの期間が過ぎていたのなら、面倒ですがもう一度一から査定依頼をしてもらわないと本当の金額はわからないということになります。

プラス査定になるポイントを把握して買取額アップ

 

-車の豆知識