査定する前に知っておきたい

古い車や価値のない車でも買取専門店なら大丈夫?

2017/06/17

新車を買うついでに前の車を下取りに出すことにしましたが査定結果を聞いてびっくり、『価値がありません』『0円で引き取らせていただきます』ということも実際にあります。

 

買換えの交渉も終盤で下取りの交渉に移ろうと思ったら、価値がないと言われ、廃車料金さえも請求されたらもうお手上げです。上手くはめられたと、営業マンを疑ってしまいそうになる気持ちもわかります。

 

知り合いに上記のような人がいたので、かわいそうになり、「買取業者だったら高く売れるよ」と教えてあげました。知り合いは半信半疑でしたが買取業者だと、10万円に!

査定額0円だった車がプラス査定される理由

 

「10万キロ車、事故車は買ってもらえない」…これに関しては昔のことです。現在では、中古車業界の発達にともなって、車買取専門店が目立つようになってきていますね。ディーラと見比べても、買取に関しては買取専門業者の方が一枚うわてです。

 

今では、仮に事故車の場合だとしても、リーズナブルな車を求める人は意外にいるものです。webの浸透に伴って、事故車のニーズというものは普及しているワケです。

 

現在では、会社関係者しか参加できない、車業界御用達のAAオークションというものがあり、補修が行なわれていない事故車といった部門も存在しますので、事故車や問題のある車の需要はまだ底が見えません。

 

なので、買取専門業者には買取ってからの独自手法が数多く用意されています。

 

ディーラーの査定が低い理由

 

ついでに申しますと、ディーラーの下取りにはプラス評価が存在しません。単純に言えば、人気カラーとか装備で査定額アップするようなシステムがないことが1つの原因です。

 

友達が 数年前働いていた某大手ディーラーのケースでは、1年サイクルで発行する下取り一覧表があり、車の査定基準額が書いてあるそうで、表に書かれてる評価額を基準にして、減点方式で残った点数が買取額に直結します。

 

致命的な欠陥があればあるほど評価が無くなるのは当然ですが、ハナから価値がない車もあると聞いて驚きました。車種は伏せますが、早い車で3年落ちで0円査定になるそうです。

 

3年落ちで価値が無くなるなんて評価は、買取専門店ならまずないでしょう。3年落ちぐらいなら状態にもよりますが、100万円代もザラです。なのでディーラー査定と買取専門店の査定は、根本的に違うということを覚えといて下さい。

ディーラーの「下取り」買取専門店の「買取り」どっちがお得?メリット・デメリット

 

-査定する前に知っておきたい