査定する前に知っておきたい

事故車は修理しないでそのまま売る!

2017/06/17

事故をしてしまったら、直して元の状態に戻してから、売却しないと買取してもらえない、または、買取額を減らされると考えるでしょう。

 

ビックリすると思いますがこの考え方は、大きな勘違いです。 無論のこと、全く減額されない訳ではありません。そのままの状態で買い取ってもらうと、修理に発生する修復費分は、査定でマイナス評価に影響するでしょう。

 

修復歴車は一般的な売り値と比べて20~30パーセント程度は安いですから、買取専門店も利益が出ないと仕事になりませんので当然のことでしょう。

 

だとしても、損傷部分でマイナスされてしまう金額は、ご自身で払う修理工代と比較したら、お得な場合がほとんどなのです。

 

もしもお世話になっている販売会社で依頼するときは、何もかも製造会社の純正部品で直すことになるので、少々高額になりますが、確実です。

 

買取専門店が直すとなったら、修理費用はお得意先の工場でするので、一般的な修理費用よりもかなり安いのです。しかも買取専門店が治すときは必要最小限のパーツだけです。

 

なのでわたしたちが普通に依頼するよりも、コストを大きく抑えることができるので、愛車はそのままの状態で売ることをオススメします。

 

使わない車はすぐにでも処分するべきなのです。 何故かと言うと、車は所有しているだけで、自動車税・自動車重量税などの税金はもちろんのこと、月々の保険料も馬鹿になりません。

 

手放すのなら、早めに判断されるのが良いでしょう。

事故車や動かない車が売れる可能性

 

-査定する前に知っておきたい