車の売却、購入に関する情報

出張査定してもらう際に気をつけること

車両の出張買取と言うものは、有名店ならば大抵、どこへでも来てもらうことができまます。

 

交通費や出張料金や査定料は0円で、やっぱやめたと、売渡をやらなかったことによって、来訪費用を請求されてしまったといった声は、幾ら何でもないと断言します。

 

車両の出張査定っていうのは外に出ないで完結するし、 下取りと比較して高い金額で引き取ってもらえるので使わない手はありませんよね。

 

とは言っても中小業者の買取店に査定依頼すると、安く値切られる可能性があります。特に車に関して、完全初心者でしたら軽く見られて安い金額で買い叩かれてしまうかもしれません!

 

 車両の出張査定で鑑定士を上手く切り抜けるポイント

 

買取専業店がハナから高額を出すというのは確実に期待できないです。買取専業店は仕事で車両の買いうけを毎日こなしているのです。

 

お店側として、状況が許す限り低額でで入手しようとするのは普通のことです。 誰もが狙う高い見積りを貰うつもりなら、希望価格をアップしてくれるような打開策が欲しいですよね。

 

つまり、俗にいう「値段交渉」という名のバトルです。ざっくりとした正攻法の考え方としては、

「買取業者に付加価値を差し出す 」

「買取業者にアピールポイントを伝える 」

「ライバル業者と価格競争させる」

ですが上記のやり方で、値段交渉してしまったらむこうの流れに飲まれます。素人はそのようにして、むこうの予測しているシナリオにに沿った帰着点に誘導されてしまうでしょう。

 

上記の場当たり的なノウハウは無駄骨に終わります。業者に打ち勝つ査定方法とは、わざと値段交渉についてはしないまま、ただ単に売り値をアップしないといけないような状態を作り出すのが効果的なのです。

 

1つ目の業者に出張査定をする際にまず、他にもライバル業者が何社か出張査定に訪れるという内容を教えます。

 

次に来ていただいた買取業者の査定士に一社目の買取価格を言います。3社目には1社目と2社目の買取査定額を言います。

 

このようにこのサイクルを繰り返すと、自然と前に査定に来た業者よりも高い金額で買い取ろうとするのです。

 

あと勘違いしやすいのが、労力をかけて訪問査定に足を運んでもらったからには車両を売却しなければならない。

 

っていうのは、ございません。 当たり前ですが、買取店にとっては売り払ってもらって販売在庫が増える方が儲かるでしょうけれど、足を運んでもらったから少々妥協して売るなんてことはしなくていいです。

 

なので、査定金額が納得できなければはっきり言ってもらえば問題ありません。 あと、業者さんに帰ってもらってから決断する選択肢もあります。

 

焦ることなく自分のペースで結論を出せるからその場で判断するのは失敗のもとです。必ず即決売却を求めるのも相手のやり方ですので、誘導されないように気をつけましょう!

 

交渉に余裕がなかったら一斉出張査定をお願いすればいい

 

同時進行で出張査定すると、査定時間が節約できますし、車に関する知識に乏しい人でも比較的有利に価格交渉を進めることができます。

 

この方法は、手軽に実行でき、一時間くらいあればすることができます。同時に、同じ時間帯でひとつひとつの業者に審査をしていただき、一番よい査定額の専門業者に売るだけなので確実に高い値段で売ることが可能です!

-車の売却、購入に関する情報