車買取時のトラブル事例

車を売った(買取)後にキャンセル可能か?

2017/06/19

車の売却契約にサインしていてもキャンセルできるのでしょうか?詳しく解説したいと思います。

 

車の買取契約後のキャンセルは、解約料を取られる覚悟が必要でしょう。買取契約後のキャンセルについては、買取業者によってHPでも明確に書かれている業者もあれば、曖昧な業者もあります。

車買取査定後、売買契約後の減額について

基本的に大手買取業者なら、車を売った後でも一定期間ですが、無償で買取契約を解約することが可能となっていますが、無償キャンセルができたとしても当日か翌日が限度でしょう。

 

買取業者はオートオークション(AA)という、業者専用のオークションを使って車を出品している可能性が高いので、キャンセルするなら早くしないと間に合いません。

 

クーリングオフ制度が適用されるのでは?と思った方もいらっしゃるでしょうが、残念ながら車の売却に関しましては、適用外なのでクーリングオフできないのです。

 

車を売った後のトラブルを避けるには

 

こうしたトラブルを避けるには、売却後でもキャンセル可能に出来るように解約後の約定を定めておきましょう。

 

例えば、1週間以内なら無償でキャンセルOK、キャンセル料を払ったら返してもらえるような内容が良いでしょう。

 

ですが、買取業者がこの約定内容に合意する必要があるので、業者が納得してくれるかが問題です。

 

他にも、買取契約後の減額といったトラブルもあるようで、キャンセルの内容と一緒に契約後に査定額を減額できないような約定を交わしておくと安心です。

 

契約書をきちんと確認する

 

契約後のトラブルは意外に多いようです。契約書の内容に取引契約後のキャンセルはできませんと、明確に書かれていたら業者が合意しない限りキャンセルできないです。

 

こういう自体に陥らないためにも、面倒ですが事前に契約書に書かれていることを理解して、見落としがないように確認するようにしましょう。

 

-車買取時のトラブル事例