車の豆知識

新古車と未使用車の違いとメリット

新古車と未使用車の異なるところはありませんので、言い方が異なるだけで2つとも同じ意味になります。 新古車は公正取引協会が新古車といった呼び方を御法度としていて、営業で使用してはダメな言い方ですので、最近では未使用車と示しています。

 

セールスマンが新古車という表現を使っていたら、そのお店は信用に欠けるということになりますね。

 

未使用車はその人の捉え方により毛嫌いされますが、未使用車には未使用車だけのメリットがあるのも事実です。

 

未使用車の意味合は少し曖昧なところもありますが、オーナーの元に渡ることなく使用されていない状態の中古車ということを意味します。

 

車の搬送などによってちょっぴり走行距離は加算されてるのですが未使用車は走行距離が限りなく0キロで、オーナーが決まっていない状態の車ということになります。

 

なんで未使用車が市場に出回るのか?

 

未使用車ができる背景には幾通りか存在するものの、最も考えられるのが、大手ディーラーの一人芝居で自分の会社で名義を登録申請して売上をを引き上げる行為です。つまり、販売台数稼ぎです。

 

背景には一定のノルマが存在しノルマををクリアすることで自動車産業界を通して膨大な報奨金を貰っていると言われています。

 

他にも展示車や、試乗車や買う予定になっていた新車が、突然キャンセルという形で買う手前で、登録は済ませている場合も同様です。

 

 未使用車を買うメリット

 

自賠責保険は月割りの未経過額という形で新車と比べておトクです。 車両額は新車とほとんど同じでも無料オプションのおまけ付きのパターンがあります。

 

また、諸費費は自動車取得税が押さえられている場合も。すでに重量税は収めていて支払いの合計金額に入らないこともあります。

 

新車が人気モデルで納車までに時間が掛かるという時も、未使用車は現物販売ですので、納車待ちの売れ筋の車種でも待ち時間がありません。

 

すぐに購入を考えていなければ、一定の最盛期を越えると正規の金額と比べて値段が落ちすることが大半です。好みの新車・グレード・カラー・オプションだったり購入を考えている新車と同じ内容ならば、とてもお買い得でしょう。

-車の豆知識