下取りの知識

下取りに必要な書類と大まかな流れ

2017/06/19

初めての下取りだとわからないことだらけで不安になる方もいらっしゃると思いますので、事前に必要書類を確認しておくことで取引もスムーズに行えるはずですし、安心でしょう。

 

マイカーを売るテクニックですが、

「買い取り業者の買取り」

「ディーラーの下取り」

「個人売買」

の3種類が存在します。

 

個人間の売買についてはあんまりメジャーではないという理由から、買取りまたは下取りの一方になると思います。

中古車の個人売買のリスクと「メリット」「デメリット」について

 

ディーラーや中古自動車販売店で車を購入し、現在所有している愛車は買い取り業者に買い取ってもらうといったやり方もあるのです。

 

下取りの際、新車の値引きを操作してして行なわれるので、実際の見積もり価格が分かりづらくなると思います。

下取りで無駄な諸費用を払っているかもしれない

 

その中でも国産ディーラーにおいては、ライバル会社や外国の車・輸入車の下取額については下がりますから、そのようなケースでは買い取り業者を選択する方が安心できると思います。

輸入車や外車は下取価格が安い

 

このサイトでも掲示している買い取り業者の一括査定を使用すると、高額買取りも見込めますから、下取りと買取りでどちらの方が有益なのかを比べてみるのがベターだと思います。

 

マイカーの下取りの過程

 

1.買い付けする車を決める

2.下取車があることを言う

3.下取車の見積りをやって貰う

4.購入車の金額が決まる

 

車を下取りしてもらうというのは、新規でその取扱店で新車を購入する事になります。下取車の見積もりが購入した車の金額から引かれることになると思います。

 

販売会社は、購入車の金額の値引きと下取車の見積もりをまとめて考えますので、購入車の割引や下取価格は単体で割高割安を見定めてはいけません。

 

下取車があったとしても、身内やご友人に譲り渡す場合もあり、下取りしてもらうか分からないという事を伝えて、取り敢えずは下取り抜きにして購入車の査定をしてもらうというのも悪くはないと思います。

 

新型車を出来る限り値引きしたところで、下取車を出した際にどういう風になるのかを再チェックします。 所有している愛車を販売業者などの業者に下取りしてもらうか、

 

ガリバーやアップルなどの買い取り業者に買い取ってもらうか、いずれが有益なのかは、車の種類や車状態に伴って変わっていきます。

 

マイカーを購入する時はどうしても下取りに出さなければならないわけじゃないです。

 

マイカーを下取りしてもらう場合必要になる書類関係

 

  1. 実印
  2. 印鑑証明書
  3. 車検証
  4. 自賠責保険証明書
  5. 自動車税納税証明書
  6. 委任状譲渡証明書
  7. リサイクル券

 

ディーラーや中古車業者に車を下取りに出す場合に必要になってくる書類関係は、どこでも同じなのでこの7種類を準備しておけばまず問題ないでしょう。

 

ローンで車を買って、車の持ち主が信販会社や販売業者になっているなら、ローンを全額返済し名義変更したのち下取りに出すことが必要です。

 

手続きはほとんど販売業者がしてくれますので、言われた書類を提出すれば後は待つだけ。 委任状や譲渡証明書は販売業者が準備してくれます。自賠責保険証明書や自動車税納税証明書、リサイクル券などを紛失した時には再発行することも可能です。

下取りよりも買取専門店で売るメリットとは

 

-下取りの知識