下取りの知識

新車の得する値引き術のコツ

2017/06/19

車体の価値が一定レベル下がるとカーディーラでの下取りは、新車の本体価格を調整して下取りに反映しているというのが事実です。

 

つまり、下取りで高く買取ってお得感を出して、その分新車を高く売るという話をしました。

査定額0円だった車がプラス査定される理由

 

型落ちしてない場合や、メンテナンスがしっかりされている車だったら付加価値が付くでしょうが、普通に下取り査定してもらってもセールスマンにお店側の都合でいいように言いくるめられるだけでしょう。

 

相手もプロですから何も知らないままだと本当にいい買い物は難しいものです。そこで今回は本当に納得のいく下取りをしてもらうにはどうすればいいかをご紹介します。

 

新車を買う時は下取りなしで交渉する

 

新車に乗り換えを検討している知る場合は、下取りを考えていて全体の見積もりを知りたくても「下取りは必要ないです」とセールスマンに伝えて純粋に新車の本体価格からの値引き交渉を狙いましょう。

 

この車は値引きできませんと言われたらそれまでですが‥国産ディーラーだったらまず値引き枠がありますから、値引き交渉の余地はあります。

 

海外ディーラーの高級車は、お店の方針もあるでしょうが、基本的に値引きされないという話を聞きました。

 

あとはあなた自身の値引きスキルやセールスマンによるかもしれませんが、良心的な販売店ならいくらか値引きしてくれるはずです。

 

この時点で安くしてもらえるだけ安くしてもらい、下取り交渉に移るといい買い物ができる可能性が高くなるでしょう。

 

この方法でも納得のいかない下取り価格を提示されたら中古車販売店や車の買取専門店などで査定して見積もりを出してもらい、下取り価格よりも高かったら「他社で査定してもらったらこちらの方が高かったです」と言って交渉材料にするのもありでしょう。

 

少しめんどくさいですが、それでもダメなら売るのは査定してもらった所に売り、買うのはディーラーで買えばいいだけの話ですのでやれることは全てしてしまった方がお得でしょう。

オデッセイの中古車を安く買う方法

-下取りの知識