査定する前に知っておきたい

車を売る時はそのまま売るのがお得

2017/06/19

できる限り高い値段で売りたいから、あれこれした方がいいんじゃないかとネット上でも様々な情報が載っていますが、正直なところ、そのまま売るのがお得なのかもしれません。

 

査定前に外装の傷を直す、車検、ガソリンを満タンにしておくといった行為は、評価的にはプラスに働きますが、使った費用以上のリターンは期待できません。

 

それ以外にも査定の評価を上げる方法はありますが、費用対効果やそれに費やす時間を考えると仕事などで時間に余裕のない人にとってはそちらを優先したほうがいいかと思われます。

 

車の査定に用いられる査定のやり方は想像以上に事細かに設定されていて、何年も運転している車がその全てのチェックを良い評価でクリアするのは厳しいです。

 

中途半端な修理は逆にマイナス査定になる可能性がある

 

一番効果的で査定前にやって損がないのが喫煙車のタバコの臭い取りです。それ以外は、やっても無駄になるどころか、素人が下手に傷を修復するとマイナス査定になる可能性だって考えられます。

 

車に詳しい人で、知識、技術があるならやる価値はあるでしょうが、査定士もプロですから、相手の目を誤魔化すのも一筋縄ではいかないでしょう。

 

高値で買い取ってもらおうとして、やった行為が、かえってマイナス評価になってしまったという人も実際におられるので、実際にやるとしたら車内の臭い取りと、洗車、車内の掃除くらいで十分です。

 

高く売るには買取業者選びに力を入れる

 

結局、高値で売るためのコツは複数社に見積もりを出してもらい、一番いい値段を付けてくれる買取業者を探すことです。ここに力を入れたほうが賢いでしょう。

 

買取業者によってここまで査定額に差がつくのかというくらい、業者選びは大事なポイントになります。動かない車、事故車だって業者を選べば売れる時代なので、できるだけ多くの業者に見積もりを出してもらうのがいいでしょう。

査定額0円だった車がプラス査定される理由

 

-査定する前に知っておきたい