査定する前に知っておきたい

プラス査定になるポイントを把握して買取額アップ

今回は査定額に関して、多少でも高い値段で売りたい人へお役立ちガイドラインでございます。 大勢の方がどんな風にやれば成果が期待できるかとまどうケースや、査定する迄に行なっておくべき内容をご紹介します。

 

いろいろな情報が飛び交っているので、怪しい情報に惑わされること無いように適切な情報をインプットして高額査定をいただきましょう。

 

この記事をを完璧に満たしていれば、大幅upする確率が高いです。プラス査定となる場合とマイナス査定となる場合が考えられますが、今回はプラス査定に焦点を当てて内装、外装、その他についてご紹介していきます。

 

車検、保証書、整備記録簿について

 

「査定額を上げたいので、査定に持っていく寸前に車検を通しておこうと思います」とお考えの声も多いですが、これに関しては利口な判断ではないと断言します。

 

車検がきれそうとか、車検がきれている場合は、査定額に反映されないので絶対に出さないように。そういった部分を具体的にご説明してみましょう。

 

車検を通してもらえれば査定額に影響するのは当たり前です。ところがどっこい、お気を付けください。 買換え・もう乗る予定のない方のケースでは、車検がきれる前に売却しましょう。

 

車検に使ったお金以上に評価されることはまずないです。JAAI(日本自動車査定協会)の基準が参考にされるのですが、車検額以上の見返りが戻ってくるような評価が付かないような基準が設けられていることが原因です。

 

また車検を通しているからといって安全面で評価されて査定アップに繋がりそうですが、通常中古自動車販売店は、車検があろうがなかろうが、納車迄にメンテナンスを行なって納車するということが当たり前になっています。

 

とりあえず、車検がけっこうある車と無い車、では前者の方が高値が付くことがは事実ですが、車検に関してはスルーしていいということです。

 

 電動スライドドア はプラス査定

 

電動スライドドアはお子さん連れのオーナーさんに人気です。ミニバンの中の装備類で得にニーズのあるものなのです。とは言っても、大部分の車種に標準搭載されているといった風なケースになると、査定アップには繋がりません。

 

オプションで選ぶタイプの車種で電動スライドドアがあったらプラス評価されるはずです。

 

 サンルーフ、ガラスルーフ もプラス査定される

 

期待度が高いオプションに含まれるものでサンルーフ・ムーンルーフにつきましては、最初の段階でしか実装する事が難しいでしょう。それもあって、サンルーフ有りの車両に関してはアドバンテージです。

 

昨今では、ガラスルーフまたはグラスルーフと言えるものを実装した車両が存在しますけれど、こうしたものはいずれも見積もり価格に違いがあるでしょう。

 

 オプションのエアバッグもプラス査定される

 

カーテンエアバッグ、サイドエアバッグ、ニーエアバッグといったものも評価されるポイントになります。事故の時にこれがあるとなしでは違いますからね。

 

新しいカーナビはプラス査定

 

カーナビが搭載されている車は現在では当たり前になっていますから、型落ちした様なカーナビには付加価値はつきませんが、最新で高性能なほどプラス査定になります。

 

オーディオ関係の査定

 

有名なオーディオ製造会社とコラボしたり、純正オプションでもグレードの高いオーディオ関係は需要があるため高価査定される可能性があります。

 

買取業者によってはマイナス査定の場合も考えられるので、状態やどこまでいじってあるかにもよるでしょう。

 

モニター類 の査定

 

バックモニターとかサイドモニターなどのカメラ付きは需要がありますが、今となっては大型車両にはなくてはならない装備となってますので、オプションのモニターの場合はプラスになるでしょう。

 

本革のシートの査定

 

傷みやすいので、車を購入してからすぐに売った場合には高額査定されるでしょうが、本革は5年をオーバーすると丸っきり結果が期待できないと思ったほうがいいです。

 

 ETCはあまりプラス査定にならないかもしれない

 

仕方ないのですが、ETCに関しましては評価額にそこまで影響を及ぼさないと考えることが本当のことなのです。 どこにでもあるような車用品ショップにいけば、ETC装置はもはやお手頃価格で流通されていることもあって、ETC装置はそれほどまで車の評価額においては反映されなくなってきてます。

 

注意しておくべきところは、ETCを撤去するとテープで着用しているのであれば、粘着質が取り残されてしまったために査定額が下がることも考えられるのでそのままの状態で鑑定してもらいましょう。

 

へこみ、傷はそのまま査定するのが無難

 

傷は付いているとマイナスになる可能性があるでしょうが、何のへこみも見受けられなかったり、減点対象になる外傷がないとアドバンテージになります。

 

査定士はプロですから、外装の外傷であったりヘコミも補修してから見積もりしてもらっても修理費用以上のリターンは期待しない方がよいです。

 

車内や車外の掃除

 

高価格査定されるには、見た目を清潔にしておくことが重要でありそうです。それに対しては、本当の事を言うと洗車や掃除で清潔に見せても判定に無関係なのです。

 

洗車や掃除の力で高額査定に繋がる可能性は完全には否定できませんが、見た目が汚い車を査定してもいい気分にはなりませんよね?必要最低限でも小ぎれいにしておくのが無難でしょう。

 

あと、車内のニオイって見落としがちですが、このニオイは査定額に結構響いてくるのでニオイ取りはしておいたほうがいい結果がでるでしょう。

 

シーズンによっては高い価格になる時期がある例

 

オープンカーなら暖かい時期、4WDなら雪が降る前などタイミングに左右されてちょっとだけ需要が増えるちょっと前くらいに査定すると少しは査定アップが期待できるかと思います。

 

算期や賞与のタイミングがいい

 

この時期になるとどこの企業も羽振りがよくなりますので高値で買い取ってもらいやすい時期かもしれません。実際に査定額アップキャンペーンなどもこの時期が多いです。

 

しかしながら、 乗れば乗るほど車の価値は比例して下がっていきますので、売ろうと思った時が売り時なのかもしれませんね。

-査定する前に知っておきたい