中古車購入のコツ

未使用車を自分で探す場合のデメリットとは

2017/06/19

未使用車というと一般的に新車登録した状態の車の事で、走行距離が0に等しい車のことを指します。なので中古車といっても間違えではありません。

 

新車同様で値段だけ安く、お得な感じがしますが未使用車に、デメリットはあるのでしょうか。 確かに価格ではとてもお得です、しかし価格以外の所にはデメリットもあります。

 

 1. 車の供給が安定していない

 

さしあたって、未使用車は店頭に並ぶ台数が限られているので車の在庫が不足しています。未使用車は人気があるため中古市場でも品薄になりやすいということです。

 

人気の色が欲しい場合も入手しづらいこともあるでしょう。在庫の中からしか選べないことが最大のデメリットかもしれません。

 

 2. 欲しい車種を探す時間が掛かる

 

新車のケースではメーカーにオーダーしたら済みますので手間も時間もとられませんが、未使用車の場合自分の欲しい車種を探すのに時間が掛かるかもしれません。

 

最寄りの車屋さんに、希望車種が無くても、未使用車の場合は、ネットで探してそもままネットで購入してもリスクは低くて済みますので、一度、足を運んで見る必要がない人にはいいかもしれません。

 

 3. ディーラーが側にない・選べない

 

中古車ディーラーが自宅の側にない場合は遠方まで行かなくてはならなくなります。また、自分の欲しい未使用車の扱っているディーラーを選ぶことになります。

 

良いディーラーならいいのですが、あまり良くない店では買わない方がいい場合もあります。 未使用車のデメリットは時間と手間、在庫数です。価格ではいうことが無くても、時間が掛かったり、手間が掛かったりするのは大きいですよね。

 

急いでいない場合は長期戦で頻繁にネットでチェックしたり出来ますが、仕事や日々の生活で忙しい方や、すぐに車が必要な場合は新車を買う方が有益です。 新車なら好きな色・車種・グレード・オプションなども自由に用意できるのも魅力的です。

新古車と未使用車の違いとメリット

-中古車購入のコツ