下取りの知識

輸入車や外車は下取価格が安い

やっぱりデザイン、性能、個性を求めると外車って魅力的ですよね。値の張る外車は多々ありますが、それでも買う価値があります。

 

ですが売ることまで考えて外車を買う人ってなかなかいないと思います。当たり前のことですけど、国産ディーラーに外車の下取りをお願いすると悲しいくらい安いって知ってましたか?

 

人気モデルの外車やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ)なら高値が付くこともしばしばありますが、日本市場であまり流通してない外車は国産ディ―ラーに下取りしてもらうと安い傾向にあります。

 

なぜ国産ディーラーの輸入車、外車の下取りは安いのか?

 

外車はどれも個性的で魅力的なので誰もが憧れますよね。でも下取りに出すと安い。なぜ安くなるのか気になるところですが、いくつかリスクがあって扱いずらいからなのです。

 

・流通してない車種は部品が割高で故障時にリスクがある。

・市場価格が安定しないので高額査定しずらい。

・需要が少ないので売りずらい。

・モデルチェンジが大胆な車種もあるので売れなくなるリスク。

 

上から順に詳しく説明しますと、流通してない車種ということはその車種に関する部品、パーツすべてが割高になってしまいます。故障して見積もりを出すと思いもよらない出費になることも。

 

市場価格が安定しない原因は主に2つ。基本的に外車は国産車に比べて、価値が下がるのは早いです。また為替の値動きにも左右されるので適正な買取価格を決めるのが難しくなってきます。

 

国産車に比べるとまだまだ流通数は少ないです。個性的なデザインが多いので、買い手を見つけるのも大変です。売れない在庫を抱えるのはお店側としてリスクになりますからね。

 

モデルチェンジに関しては、最近は外車に限ったことではないかもしれませんが、外車のモデルチェンジって大胆なものが多いですよね。前の原型がまるでないじゃんって車もありますから。

 

デザインだけではなく、性能も大きくチェンジされる場合もあるので、型落ちした車が全く売れなくなるなんてこともあるそうです。

 

外車の購入を考えているのなら、売ることも視野に入れておいた方がよさそうです。そんなの気にしないっていう人なら全く問題ありませんが。

 

最近は外車でも販売ルートを持っている買取専門店などもありますので、下取りよりも高額査定が期待できそうですから見積もりしてもらう価値はあるでしょう。

-下取りの知識